身長差 × リョーマ! × 製菓もろもろ

ジャンルがごちゃ混ぜちゃんぽんの雑記記事です。創作と版権くらいは分けた方がいいんだろうけど、わざわざ独立させる程の文量はないからなあ。キチッとカチッとせず妥協して生きていこう!

創作

とりとめのない雑談

上げた漫画読んで下さった方、ありがとうございます~!少しでも楽しんで頂けたら嬉しいです。空リプ的な気軽い感想にも感謝を……!ありがた~い。そう、瑪瑙は仕事関係以外はわりと無知……。

いや~~漫画を描き上げると達成感が凄いな~!!自分で自分を褒めていこうな!4月に漫画を描いてた時の精神状態が結構辛くて、10P超えの漫画を描く事に正直恐怖がありました。長い事触ってると飽きるし疲れるしで今回も同じ事になるのでは、という不安が強く。終わってみればそれも杞憂に終わり、健康って大事なんだなあ!!と、いつも言っている事に戻って来ましたが!いやほんと身体が資本よ。健康じゃないとなーんもできん!出来る事もできん!身体と心が強くなって、30Pくらいの長い漫画も気軽に描けるようになりたいなあ。今の自分だと気張っちゃうもん。同人誌出してる人、創作で本編をコツコツ進めている人、みんな本当に凄い。私には出来ないのでただただリスペクトの気持ち。

あと今回のソラめの漫画に後書きを付けていないのは、恥ずかしいからとこの内容の後にアレコレ語っても雑味かな……って思って……エヘヘ……。言い訳とか補足とかが無い訳ではないんですが、まあいいか~と。何か機会があったら語るかもしれません。進捗管理で話していた”ソラが瑪瑙に一度振られてる件”に関してはコッチでさらっと書きました。これ以上の事は描くとしたら漫画かなあ。

身長差が確定したようなしていないような

わたくし、どうにも数字に弱くて身長をカチッと定めるのが苦手なんですが、ソラと瑪瑙はとりあえずこれくらいの身長差で確定です。

10年前に作ったキャラ設定ページにも身長が書いてなかったから本当に数字がダメなんだと思う。なので今回も明確に示す事はないんですが、こんなもん、……って感じ!なんだろ~数字で言われても実感湧かないんですよね……自販機横に置いてくれた方が感覚掴める。ソラは成人男性の平均のちょい上、ユウイチはこの先あとちょっと伸びるか?って感じで平均より下、ライムは成長期入る前に身体の時間止まった、琥珀瑪瑙は成人女性の平均、ツバサはちょっとだけちまい、ぼたんは小学生高学年くらい、っていうふんわり具合です。雰囲気で創作をしている定期。

そして見開きで全身画の人物を二人並べるの、Dolls*のセルフオマージュだったりしました。自分の作品からはどんだけでもコマ割りパクっていいですからね!ふふ。

次の漫画の予定

琥珀うっかりシリーズ2回目いってもいい~~~!? \いいよー!!/ やったー!!

完ッ全ッにこの漫画(琥珀とユウイチの話)と同じラインの流れとネタなんですが、思いついてしまった以上吐き出したくて……!本当に全く同じで面白味ゼロっていうのは分かってるんだけど!好きシチュ、何度でも煎じたくて……!需要は自分、供給も自分!!押忍!

とはいえ、ずっと漫画を描いていると疲れるので10月はゆる~~っと落書きメインにして、11月作業の分がコレになりそうです。それ描き終わったら自分用のまとめ本作るんだー楽しみー!でも表紙は描きたくな~い!

アニメ、ゲーム

『リョーマ!』観ました

いきなりテニスの王子様来るじゃん……って困惑した方が居たらすまない。私は跡部王国アトベキングダムの住人だったんだ。今は追いかけられていないのだけど、ゲームをいくつか持ってる程度には好きでした。テニプリのゲームは質がいいんだよ質が……!乙女ゲームがしっかり乙女ゲームしているのも好きなんですが、テニスゲームがこれまたしっかりとテニスゲームしているんですよね。一番好きなゲームは『テニスの王子様SWEAT & TEARS 2』です。パラ上げして交流して試合して、っていうときメモにテニスゲームを足した感じが本当に上手だった。

それはさておき。「なんかおもしろいらしいよ」と友達から聞き、じゃあ一緒に観ようかとなったものの「映画館で見ると笑いこらい切れなくて死ぬよね?」となり、配信を待っていた本作。中々タイミングがなく、先日ようやく見たんですが、想像の遥か斜め上をいく面白さでした。面白くてビックリした……。こうやってブログで言及している時点でネタとして言っている訳ではない事は分かって貰えると思う!!びっくりしたのよ!

いやまぁ初っ端からイマジナリー青学先輩召喚ミュージカルに困惑したんだけど。

何が始まったの?どうして \バシュンッ/ \バシュンッ/ て先輩たち召喚されて歌って踊ってるの……?ってなった……。これはただの始まりだった……。だってテニスの試合やる度にミュージカル始まる。でもこれだけ乱発されると「あ~~なるほど~~2.5次元の感じで観ればいいのね!」って飲み込みやすくて助かりました。そう、『リョーマ!』は3Dアニメーションでやってる2.5次元なのよ。んでな、テニスの試合で歌って踊る仕組みなんだな?って思って観続けるじゃん。

テニスの試合してるのにミュージカルしない事あるじゃん!?

物足りないじゃん。物足りないな、って思ったらテニスの試合じゃない所でミュージカルしだすじゃん。ビックリするじゃん………。なんかこう、歌い踊るタイミングの挟み方が手のひらでクルクル踊らされてる感が凄かった……。あと純粋にカメラワークが上手くて見やすい。休憩パートはキチンとあれど、観る事に飽きる事はなかった。キャラクターの動きも中々に個性的で、桜乃ちゃんの身振り手振りがディズニープリンセスなのは正直笑っちゃいました。モブの動きもまんまピクサーなのでそっち方面を参考にしているのかな?と。それなのにリョーマくんはちゃんとリョーマくんで、キャラクターの細かい部分をちゃんと大事にしてるんだなあって関心した。

この映画で一番凄いと思った点は、突然歌って踊るというトンチキ具合を発揮しつつもストーリーが1本の映画として綺麗にまとまりすぎている所です。観終わった時の満足度がハチャメチャにたかーーーい!!起承転結がほんっっっとーーーーに上手にまとまっていて、一切の不満がないし「面白かったね」という感想が自然と口から零れました。視聴前は、シンバル叩く猿のおもちゃみたいにゲラゲラ爆笑しながら見る映画だと思っていました。そういうラインでみんな「一見の価値あり」って言ってるのかと思っていた。勿論そういう面もあったんですが、テニヌ的な楽しみ方をする部分を横に置いてもちゃんと観れて。”普通に観られる”これって最低限の感想のように見えて、凄く難しい事だと私は思っています。映画って90分一気に見続けるからこそ、適度な緩急がないと頭に入って来ないもの。ちゃんと映画として楽しかったです。

ただ、一人で観るのはお勧めしません!インターネットの友達とかとキャッキャ通話しながら同時視聴するとかした方が楽しいと思います!!!「結局人と共有する事でしか楽しめないコンテンツなのかよ~……」って失望した方が居たらゴメンなのだけど、ツッコミ入れながら観た方が楽しいのは事実なのよ……。

(謎の人選に)「「なんで!?!?」」

「テニスボールに追尾するリョーマくんの顔がヤバイ」

「……リョーマくんと桜乃ちゃん両想いじゃん…?」

(再度謎の人選に)「「なんで!?!?!?」」

って話ながら観た体験を含めて “面白かった”と言っているのは否定出来ない。そこはね、正直に言っておかないとね。あと映画の内容には関係ないのですが、甲斐先生の『ハッピーメディアクリエイター』っていう肩書きがようやく理解出来た気がします。なんじゃこの胡散臭い自称は……くらいに今まで思っていました。けれど『リョーマ!』を浴びる事によって、甲斐先生が『テニスの王子様』というコンテンツを誰に向けて何をしたいか、というのが何となく伝わったとでもいうか。甲斐先生は “テニプリを楽しんでる人” に “楽しくてハッピーなテニプリを届けたい”んだろうな、と。ハッピーメディアクリエイター、まさに、という肩書きで素敵だなって今は思っています。

『ファイアーエムブレム風花雪月 無双』やってます

ボ、ボリュ~ミィ!!!!

これ3周させる気あるーーー!?1周でお腹いっぱいになりそうなんだけども!クリアしたら単独で感想言いたいなー、と思っているのでどの学級でプレイしてるかとかはお口チャックで……🤐得意じゃない無双システムも、敵をまとめて殲滅する事に快感を覚えてからは中々に楽しく遊べております。よかったよかった。

現実

約1年振りの製菓アレコレ

ここから先は写真がアレコレ載っています。

 

 

 

 

 

 

前に製菓関係の写真上げたのいつだったっけ~~って遡ったら去年の10月末でしたわ……。(お菓子とか編み物とか宝石とか)今年はVDとか頑張らなかったからなあ。去年のボンボンショコラは我ながら凄い、食べたい。(【備忘録】2021年のボンボンショコラ

二か月に一度はおもてなし用にお菓子を作るんですが、基本がもうホテルオークラレシピのスコーンになっちゃってるので特に写真を撮る事がなく。このレシピほんとうに美味しいので公開に感謝ですよ……!粉は特宝笠にするとより一層美味しいので焼き菓子好きな方は是非に~!!サク系です。

そんな感じで定番に甘んじていたんですが、最近はインターネットでバズったレシピも挑戦したのでそれを報告したくて。インターネットレシピ、無限にあって中々手が伸びない。今回のお品は友達が「いいなー」って言ってたので作りました。

まずはこちら。キャラメルチーズのテリーヌ!

ホワイトチョコ入ってるから絶対美味しいやつだ~!と思って作りました。逆にホワイトチョコ入ってなかったら味の想像が出来るから作ってなかったな……。

火加減が難しい!!側面ちょっと焼き過ぎちゃった。もーちょっとキャラメル焦がさないと写真のお色にはならないなー。美味しそうな蜂蜜色にしたかった……これでは柴犬色である。お味の方はというと、生キャラメルとクリームチーズが口の中でとろけてめちゃウマでした!甘い物がアレコレ入ってるので材料だけ見ると甘さでくどくなりそうなんですが、焦がしたキャラメルのほろ苦さがいい感じにマッチしていて、一切れするする胃の中に放り込ます。あ、でも飲み物はノンシュガーの方がいいと思う!私は紅茶で頂きました。また作ろう。今度は勇気を出してキャラメル焦がしまくるぞ。

お次はこちら。ほうじ茶と桃のタルト!

これも絶対美味しいやつ~!!わたしほうじ茶アイスとか好きなのよね!って事で型ありVerにて作りました。

映え………✨✨✨

断面に濃い色があると映えるねえ!レシピ通りに焼くと、クレームダマンドが生焼けになる気がしたのでつまようじを刺しながら調整する手間はありましたが、その手間を相殺できる程のおいしさでした……。桃缶の桃ってシロップ漬けだからどうしても「安っぽい甘さ」を感じてしまう事があるんですが、その甘さをほうじ茶の渋みでイイ感じに打ち消していて、これまたパクパク食べられます。桃の水分とシロップがダマンドと生地に染みこんおり、タルトのサクッと感は側面からしか感じられないので、少し手間ですが表面にクランブルを添えるのは必須かなあとは思います。お上手なレシピだなー……クランブルなかったら食感のアクセントが足りない感じがする。

ほうじ茶パウダーは上記の記事でお勧めされている製菓用を買いました。ちょっとお値段張りますが、他のレシピでも使えばいいかーって。いやーーーーケチらずにちゃんとしたものを買って大正解でした。めちゃほうじ茶の味濃い。このパウダーを使ってほうじ茶プリンとほうじ茶パンを作ったんですが、上品な味になってとても美味しい。まだまだ使い倒すぞ~!!

そんな感じで最近作ったインターネットバズレシピでした。どれも美味しいので製菓趣味の方は是非に~!ここまで目を通して下さった方、ありがとうございますラブ💕

タイトルとURLをコピーしました